結婚指輪に使用される素材の特徴を知る!指輪選びのコツ

夫婦で納得のいく指輪選び

夫婦の絆の証として送られる指輪には、素材によって特徴が異なります。デザインだけでなく着け心地も確認し、夫婦でよく相談する必要があるのです。

指輪の人気素材ランキング

no.1

プラチナ

変質や変色が起きにくく、長期間輝きを維持できるプラチナが最も人気の素材です。細工がしやすいためデザインが豊富で、宝石類との相性も良いので結婚指輪に利用される事が多いのです。

no.2

ピンクゴールド

2番目に人気のある素材はピンクゴールドです。金に銅を混ぜることで独特の色味を出しています。あまり主張が強くないため、ファッションとして合わせやすく、さり気なく身につけられる事が魅力です。

no.3

ホワイトゴールド

プラチナと似た色合いでありながら、プラチナより硬い点が特徴です。高級感を出しながら価格も抑えられ、つけ心地が軽い事が好まれています。素材としての価格を抑え、その分宝石を良いものにするカップルもいるようです。

no.4

ゴールド

変質、変色しにくい性質を持つ素材です。金の純度によってK10やK24と表記され、純度が高いほど柔らかくなります。その為K18が一般的に使われ、輝きを長期間保ちます。

no.5

チタン

色やデザインが豊富で、金属アレルギーを起こしにくいことが特徴の素材です。サビや変色に強く水場で着けていても安心できるほか、軽い素材のため日常的に身に着けていても重さが気になりません。

結婚指輪に使用される素材の特徴を知る!指輪選びのコツ

リング

結婚指輪の素材選び

結婚指輪には幾つか種類が選べますが、宝石に合う物がオススメです。プラチナやゴールド等の定番となる素材は金属としても価値が高く、昔からよく使われています。技術が進み、ゴールドの色合いを変えることも可能になったため、多くのニーズにあった商品が販売されています。その為、自分たちの希望に沿った物を選ぶことができるのです。

変形する事も理解する

日常的に身に着けることもあり、長く使用する結婚指輪だからこそ、変形しにくい素材が好まれます。定番のプラチナ、ゴールドは金属の純度が高いほど柔らかくなるため、他の金属と混ぜ合わせることで強度を高めた物が選ばれます。柔らかいと変形しやすく、硬いと傷つきやすい傾向があるので美しい状態を維持する為に注意して素材を選ぶ必要があります。

変色する点にも注目

汗や化粧品が付着する事で、指輪が変色することがあります。変色しやすい素材によってはメッキが剥げ、見た目が変化することもあるので注意が必要です。プラチナやチタンといった耐食性の高い素材であれば変色する可能性も軽減できます。日常的に身につけるのであれば、水分や汚れに気をつけ、管理するようにしましょう。

サイズの調整が可能かもチェック

指輪選びのポイントの一つとして、サイズ直しがしやすい素材かも確認しましょう。指輪のサイズが変わった時や、変形した際に修理ができる素材であれば、万が一のことがあっても安心できます。素材によってはサイズ直しを行っていない物もあるため、購入する際店舗によく確認する必要があります。